日本ツアー

かねており日本でのツアーをguitar-1245856_960_720目標としていたメンバーら。日本ツアーが現実的になり始めたのは1998年のことです。日本ではさまざまバンドとのセッションが実現されました。北海道から仙台、渋谷、大阪心斎橋、博多、沖縄…と南下し、キャラバンを続けました。ファンクバンドの「ゼトック・リストア」やビジュアル系バンドの「攝る(toru)」まで、セッションの相手はさまざま。非常にバラエティに富んだ日本ツアーを達成することができました。ツアーの合間には日本各地でご当地の飲み屋を行脚したメンバーら。寿司ではなく、おでんや煮物など、現地人が普段食べているものを食べたいというのがミッツエリンの希望
でもありました。どれも最初は醤油と砂糖の甘辛い味に不評でしたが、次第に慣れていき、虜になったようです。「数年以内に再び日本ツアーを実現したい」、そう胸に誓いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *