Author Archive

バンドを結成するにはどうすればいいか?

バンドとは何でしょうか? テレビの中でしか見たことがない人もいるかもしれない。でもテレビではバンドの魅力は半分も伝わってこない。テレビのせいぜい数センチのスピーカーではバンドサウンドを表現できる筈が無い。ライブを見に行けばもう少しバンドの魅力に触れることが出来るだろう。演奏者が奏でたサウンドやライブの空気感を直接肌で感じられる筈だ。ライブパフォーマンスで盛り上がる仲間もすぐ近くにいる。 私が初めてスタジオに入って驚いたのが、ドラムの音の大きさだった。テレビやCDからではドラムのサウンドは「スタタタタ」という、どこか玩具の様な何かをコツコツ叩いた様な音にしか聞こえないだろう。最近のJ-POPはボーカルが前に出るようにミキシングしてあるので、もしかしたら気にも留めなかったかもしれない。ラフで荒々しいギターの轟音や、腹にズシンと来てバンドサウンドを底から支えるベースの低音。そしてそれら一つになってバンドとして演奏するときの何とも言えないライブ感!テレビやCDを聞くだけで想像上のものでしかなかった、バンドサウンドが今リアルに目の前にあるのだ!まぁ、初めてのバンド演奏だったんで満足に演奏できるわけもなかったんだけど、それは強烈な体験でした。 しかし、実際に生で聴くドラムのサウンドはそんな軽いものではなかった。力強くライブ感溢れるそのサウンドは、聴くというよりも、身体で感じるものだといった方が正しいだろう。バスドラムの低音が身体の芯に響き、スネアドラムの鋭いリムショットが眠った頭に突き刺さる!そして身体全体が動き出す!それが私が始めてスタジオで聴いた生ドラムだった。 バンドというのはただ楽器を奏でるだけのものじゃなくて、演奏を通じて演奏者同士やお客さんとコミュニケーションをとるものだということに気付きました。音楽を聴きたいのならCDを聴けばいいだけです。音で遊ぶとでも言うのでしょうか?決められた譜面をきちんとこなすよりも、自分で好きな音を自由に操れた方が音楽やってて楽しいですよね?そこにコミュニケーションがあるのです。バンドがライブするのは、自分達が有名になりたいというのもあるでしょうが、お客さんや演奏者同士で音でコミュニケーションを取ることや、その空間が心地いいからだと思うのです。 音楽を楽しむ方法は多種多様 また音楽を表現する媒体はバンドだけではなくて、ジャムセッションやDTMという分野もあることを知り、改めて音楽という分野の裾野の広さを知りました。これホント広い。真剣になって取り組まないと一生かけて乗り切れるか分かりません。最近ではインターネットでライブ映像や個人の演奏を見る機会もあります。YouTubeやニコニコ動画で演奏を見てバンドを始めたいと思う方もいるでしょう。思っただけでは実現しません!行動しないといけません。 しかし、どう行動したらいいか分からないと思う方も多いはずです。何故かというとギター教室や、ボーカル教室などの技術を学ぶ場所は数多くありますが、それからどうやってバンドを結成し、運営していったらいいかを学ぶ機会が無いからです。例えばの話ですが、カジノに行って大儲けしたいと思ったら、単純にカジノに行けばいいと思うかもしれませんが、それだけだと運だけに頼ることになりますね。今ではインターネットでどんな情報でも手に入れられます。例えば、カジノにわざわざ行かなくても、インターネット環境さえあれば、カジノと同じゲームをオンラインカジノプレイすることができるのです。よって、オンラインカジノで、本場のカジノにあるようなバカラやスロット、ポーカーを練習できちゃうのです。また練習どころか勝ったら当然お金も稼げちゃうのです。 バンドもそれと同様です。下調べは重要です。皆さんはバンドを組みたくてこのサイトを見ているかもしれませんが、バンドという形態以外にも音楽を楽しむ方法はいくらでもあります。ある人はデモ音源を作っているうちに、打ち込みにハマってDTMに転身するかもしれません。 またある人は、仕事で転勤が多くて継続してバンドをすることが出来ないがために、休日に一人で店に行きジャムセッションを楽しむかもしれません。好きなジャンルが変わることもあるでしょう。その新しく取り組むそのジャンルで全く違うことを練習し改めて音楽はてっぺんが見えないナァと感じるかもしれません。

メンバーその1

まず、バンド結成のきっかけとなったドラムのコウです。高校時代から今に至るまでバンドを引っ張るリーダー的存在です。続いて、ベースのショブリベン。古くからいるメンバーですが、彼は多くを語ろうとしません。父親がウエストデイモンズの水道局に勤めていたことは有名な話ですが、他のことについては知られておらず、謎が多いのです。そんな謎めいたところが彼の魅力なのかもしれませんね。続いて、キーボードのミッツェリン。このバンドにファンク要素をもたらした功労者です。彼の加入がこのバンドの方向性を決定づけたと言っても過言ではありません。とにかく、彼はキーボードで変幻自在のメロディーを奏でる名人であり、彼をきっかけにこのバンドの進むべき道が大きく照らし出されたのです。

バイオグラフィー

「ジョリーノ・ジョバンニーニョ」はアイオワ州のトゥルーロという街で結成されました。ジョリーノ・ジョバンニーニョは小学生時代から音楽団の小太鼓担当だったドラムのコウによる呼びかけにより結成されたバンドです。前身は3ピースファンクバンド「ジョリーノ」であり、高校時代に結成されました。拠点をデモインに移した後、メンバーにトニセン姉妹が加わり、現在の5ピースバンドとなりました。70年代ブリティッシュミュージックをベースとしたファンクでサイケな音楽は人気を博し、当時のアイオワのインディーズシーンでカセットテープの月間売上1位を達成しました。拠点をカリフォルニアに移してからは、瞬く間にインディーズシーンになくてはならない存在となりました。

おすすめのバンド

こちらではメンバーのショブリベンがおすすめするバンドを紹介します。 まず、東海岸で活動するネオ・アコースティックバンド「トルエン・シトロミカ」です。フォークグループS&Gを彷彿とさせるコーラスで、リスナーを幻想の世界へと誘い込みます。 続いて、ガレージロックバンド「ロール・ロード」です。全身を黒のスーツで纏った衣装と、ボーカルのハシュー・マドルのハスキーボイスが印象的です。 最後に、ピアノ・ジャズトリオの「ポールデイド&サルトス・ザ・トリオ」です。演奏前に奇妙な挨拶を行うことも彼らの魅力のひとつになっています。彼らは意味不明な言語で始まりの挨拶をするのです。この挨拶を取り入れたばかりの頃はさすがの観客もあっけに取られた様子でしたが、次第に慣れていき、今では恒例のパフォーマンスとなっています。

デビューアルバム

デビューアルバムは「パラノイド・スクリーミング」です。ドラムのコウ・エドヴァンが高校時代の通学中にふと思いついた内容に基づき仕上げられています。とにかく思春期の衝動やパワーを凝縮して炸裂させようという、ただそれだけのコンセプトのアルバムです。思春期の青さをティースプーン1杯ほど、そして衝動やエネルギーを10ガロンほど注ぎ込むことで製作されたそのアルバムは、青春のセンチメンタリズムを感じさせるイントロから、エネルギー溢れる破壊的リズムを持った曲に至るまで、様々な曲調で奏でられています。バラエティに富みつつも、アルバム全体のイメージはしっかり統一されており、最高傑作とも言われています。彼らの青い衝動が全て詰まったアルバム、ぜひ聞いてみてください。

日本ツアー

かねており日本でのツアーを目標としていたメンバーら。日本ツアーが現実的になり始めたのは1998年のことです。日本ではさまざまバンドとのセッションが実現されました。北海道から仙台、渋谷、大阪心斎橋、博多、沖縄…と南下し、キャラバンを続けました。ファンクバンドの「ゼトック・リストア」やビジュアル系バンドの「攝る(toru)」まで、セッションの相手はさまざま。非常にバラエティに富んだ日本ツアーを達成することができました。ツアーの合間には日本各地でご当地の飲み屋を行脚したメンバーら。寿司ではなく、おでんや煮物など、現地人が普段食べているものを食べたいというのがミッツエリンの希望 でもありました。どれも最初は醤油と砂糖の甘辛い味に不評でしたが、次第に慣れていき、虜になったようです。「数年以内に再び日本ツアーを実現したい」、そう胸に誓いました。

メンバーその2

「ジョリーノ・ジョバンニーニョ」の看板を背負っているのは、やはりトニセン姉妹ツインボーカルでしょう。トニセン姉妹は一卵性の双子で、見た目も声もお互いそっくりです。2人はかつてエイムズの児童聖歌隊で賛美歌を歌っていました。激しいシャウトから美麗なハイトーンボイスまで、ありとあらゆる歌声を聞かせてくれます。ギグ中に2人がステージ上を縦横無尽に駆け回る様はいつもオーディエンスを湧かせてくれます。バンドのフロントマンであるトニセン姉妹にはやはりファンも多く、この2人の前にはいつもファンが押し寄せてきます。2人を模した双子の揃えのコスチュームで参加するファンもいるくらいです。それほどまでに双子のツインボーカルの存在感は圧倒的なのです。

メンバーその3

「ジョリーノ・ジョバンニーニョ」の第6パフォーマー、レニをご紹介します。彼は楽器を弾くことができません。打楽器も弦楽器も弾けません。カスタネットやトライアングルを打診されたこともありましたが、結局何も持たずにステージに上がりました。彼はいつも音楽に合わせて飛んだり跳ねたりしています。彼の実家は倉庫業を営んでいたということもあり、元々顔見知りでした。楽器の演奏ができないうえ、音階通り歌うのも苦手なレニですが、彼の個性的な動きやキャラクターがバンドメンバーの目に留まり、最終的に正式メンバーとして参加することになりました。今となってはバンドのマスコット的存在であるレニ。彼が出演する日はチケットの売上がなんと30%アップするほどの人気ぶりです。

結成のきっかけ

ご存知の通り、このバンドのメンバーは出自がさまざまです。ドラムのコウは町の楽団、トニセン姉妹は教会の児童合唱団出身です。キーボードのミッツェリンは当初クラシックピアノを弾いていましたが、次第にジファンクの魅力に惹かれ始め、今のスタイルに落ち着いていったそうです。ベースのジョブリンは当初、交響楽団でウッドベースを弾いていました。コウが前身となるバンドの「ジョリーノ」での活動を休止し、 バンドメンバーを探していたところ、お互いに意気投合し、さらに2人が加わり、5人組のバンドが結成されました。ファンクが好きなメンバーが多かったということもあり、当初はファンクを中心に活動していました。月に2回、スタジオで練習やレコーディングに励んでいたこともあったそうです。努力が実を結び、ついにインディーズ界で名作とも言われるアルバムが完成しました。